読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

架空世界の歩き方。

"How to walk in the imaginary world"

Culture

声劇をされる際にこちらのサイトで下記の内容をコピペした方が見やすいです。http://vtools.moo.jp/mojiban/#

 

概要.女社会独特の奇妙な文化の話。

A.女

B.女

C.女

ユウ.女

この国の女たちは弁当を交換するという独自の文化を持つ。
A.「いくよ~せーの!」
A.B.C.「じゃーん!」
A.B.C.「キャー!すごーい!かわいい!」
B.「すごい!これどうやって作ったんですか?」
C.「かわいい!」
A.「じゃあ早速交換しようよ。」
B.「しましょ!しましょ!」
A.「じゃあいい?」
B.「はい!」
A.「じゃあ私これ!」
C.「コレいただいていい?」
B.「いいよ」
B.C.「え~かわいい!」
(Aが目線を別テーブルに向ける。)
A.「あ!ユウちゃんも弁当にしたんだ!」
ユウ「はい。外で食べてらんないので。」
A.「えー見せて見せて!」
B.C.「見せて見せてー。」
(三人ユウに駆け寄る)
ユウ「えー?私のは普通ですよ。ほら。」
A.B.C.「えー!かわいいー!」
ユウ「えー?そうですか?」
A.「良かったら交換しよ交換しよ。」
ユウ「いいですよ。実は、皆さんがいつもやってるの見てて楽しそうだなって思ってたんですよ。」
B.「なんだー!ねー!」
A.B.C.「ねー!」
A.「じゃあ。私はこれ!」
B.「はいブロッコリー!」
C.「私はウインナー!」
ユウ「ありがとうございますー。
あ!私も何かあげないといけませんね。それじゃあ私からは、‶海苔‶です。」
A.B.C.「……」
(海苔を弁当の上に差し出す)
ユウ「はい。はい。あ!結構なくなっちゃいました。でもこれ美味しいんで。はい。どうぞ!
(笑)じゃあいただきます!」
A.B.C.「……」
(三人顔を見合わせる。)

 

一言コメント

 

グループ内だけの独自の文化ってあるある?バックボーンや背景は自分たちで考えてやってください。 (丸投げ)

配信などする場合は下記の規約をお読みください

http://blog.hatena.ne.jp/MitsukiYayoi13/mitsukiyayoi13.hateblo.jp/edit?entry=10328749687216972660